DieAterLOVEコラム映画

【フジムケムービー】DieAter【なんだか目から水が出てた映画】

ふじもとあつしが監督から演出から撮影から音やら営業やら公開作業まですべて、とにかく全てを手がけた映画。テーマは摂食障害について、【DieAter】オンライン公開もされているので地方民は早速観てみましたよ。

心はみなさんと同じ映画館に・・・

DieAter こちらからどうぞー

死を食べる人、ダイエットを組み合わせた造語(たぶん)これだけで才能しか感じないのです。

私がなんでこんなにこれを推すのか、というとですね、摂食障害って知っているようで知らなかったから。

で、どうやらこの病気はよくわかっていないらしい。それぞれ事情やきっかけが違いすぎるしその後の経過も理屈でどうこうの話ではないのらしい。そして当事者の方は理解して欲しいようでいてされたくないけど知ってほしいような知らないでほしいような、いや、知ってほしい!な感じの方が一定数いるのだそう。

現にこの映画のことをFBでシェアすると意外な方が経験者だったりするものだからわからないものです。

個人的には歯科助手の時に凄く綺麗な子が入れ歯だったりしてそんな時にはじめてこの病気を意識しました。歯の矯正をきっかけになる方もいるのらしいということもその頃知りました。

私自身一番メンタルきつい時にどんどん痩せていって食べなくてもお腹すいていなくて、食べても味がわからないくなった時期に今より10キロ(最近マックスの体重なんだ)ほど痩せていたのだけれど周りがいくら「痩せすぎ」といってもネットで平均体重をみても「こんなの嘘でしょw」って当たり前に思っていたし、調べて平均から出してると知って痩せ型の平均も出してよって思っていたし、写真を今みるとガリガリでも当時は太ってるって思っていたし(モラハラにあっていて太ったなって言われ続けていたのもあるけど)そのズレた感覚というのはなんとなくわかる気はするのだよね・・・しかし倒れても舌打ちされるような状況で相手が無職だったから子供たべさせにゃーって事で死に物狂いで復活したではあるけれどwww味がなくても無理やりたべ、バナナが苦くても食べwwwみたいな。禿げたし喘息はでるしメニエール症候群にはなるしで散々だったよねwww

そんなこんなに思いを馳せながら皆さんの状況を一緒にみさせていただきました。ほうほうほうほう、と、どちらかというとふじむけの感じでみていた私だったのだけれど、

最後のオンラインで繋がっていた当事者の子たちがリアルに会う瞬間だったりでその子たちが私の中でもう勝手にお友達だもんだから、一緒に泣いてしまったり、その後のエンディングが優しすぎて、クラウドファンディングの中に知り合いの名前が沢山でまたぶわーーーってきてね。

ああ、ふじもとあつし、やっぱすごいや、、、

さすがあのコーヒーいれるだけあるや。

というのが私の感想でした。最後の最後まで見逃せない映画です。

映画ってなんだったっけとか思っちゃったや・・・

これさぁ、摂食障害がテーマっていうか、テーマはだったりしないかな、とかも思ったりしたよね。

 

最初の写真が私撮影のものでフフってなってエンディングででっかく名前がでてきたものだからちょいちょい横からみていた夫が

「・・・・・また図々しくそんな事やらせて。しかもででみってまで入れさせて・・・」

と白い目でみてきたけどね!ちがうんだからね!!私がやらせたわけじゃないんだよ!!

そして、私をきっかけにクラウドファンディングに協力してくださった方もチラホラみえて感謝感謝です。

みんなと一緒にエンディングにでれて嬉しかったよ

 

奇跡は起こるよ何度でも

 

 

ででみ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください