LOVEおすすめのお医者さんコラムダイアリー東京

【胃カメラこわいじゃん?】大腸検査はそれ以上に重要らしいよ【何かあった?ってくらいあっさり終わった】

ひろみさんとお話していたら「胃カメラやらなきゃなのに、怖すぎてずっと放置してるーー><放置してることがいつも片隅にあってこわいーーーー><」というお話になり、思いきって遠足がてら遠くまで行って優秀な先生にみてもらうのはどうだろう

と、、、言う事でローカーボ繋がりでいつも助けていただいている福島先生の病院、

みらい胃・大腸内視鏡クリニック 

に行ってきました。福島先生は内視鏡のスペシャリストで優秀な技術者さんでもあるのです。ついでに私も7年ぶりに胃カメラをば。。。福島先生の人柄や凄さはわかってはいるものの、やっぱり人に勧めるには自分が経験していないと気が済まない性格なのです。というわけで日帰りでGO!緊張で寝不足な二人、そしてドジっ子二人旅です(。・ω・)ノ

とりあえず魘されるほど心配していた電車乗り遅れは大丈夫でした(๑╹ω╹๑ )ふむ、幸先のいいスタートですな、、、全然顔、引きつってるけど(びびり)www

私とひろみさんコンビなのに無事迷わすクリニックについた。やればできる子!できるこだよ我々は!!

 

待合室にはなおよちゃんや亀川先生の本があってほっこりする。以前来た時は今井さんの胃カメラ後をみに来たのでただ楽しかったけど今日は違う・・・今更ながら助けて誰かぁぁあああああみたいな・・・しかしひろみさんがいるのは心強い。

院内もおしゃれで色合いも落ち着いているのでひろみさんも安心する!を連呼。よかった・・・

ワイワイ問診票を書く私たち、うるさかったに違いない。ちなみに受付はじめ職員さんは美人しかいないというパラダイス。さすがです。しかし次から次へと患者さんがくる人気クリニックだなぁ・・・

検査前の診察でとにかく丁寧に説明してくださる福島先生。絶対的信頼感です。胃と大腸のポリープの違いやらひろみさんの心配事や問いかけにも全部答えてくださったのですごく安心して検査に望むことができました。私はひと通り聞いていたから大丈夫でしょと言われるも

 

「あの、首が痛いんです」と突然の告白を・・・いや、大事じゃん?検査時悶絶されても聞いてなかったら先生困るじゃん?戸惑うじゃん?みたいな・・・後、薬が欲しい。。。整形でもらえよって言われるかと思いきや、ちゃんと処方してくださいましたよ。痛み止めと、症状の状態から漢方も。福島先生は漢方も詳しいのです。すごいよねぇ。

 

 

そんなわけで検査前に看護師さんも「首大丈夫ですか?」とか優しく聞いてくださってほんと幸せ。美人に心配されるとか幸せ。心配していた血液検査(ついでにお願いした)もいつも失敗されることが多いのに一発で決めてくださったのでホッとしました(優しいお姉さんでした←ほんと大事)緊張でバカなことばっかり言っているのに職員さんも先生もみんな優しい。そしてなんか口に麻酔的なのをシュッシュされた後、気付いたら・・・・

 

「hidemiさーーん!起きれますか?大丈夫ですかーー?」

 

え・・・? 

 

 

終わってた

 

終わってたよ!

⇧ちなみにこのベット寝心地よくてよくある病院の恐怖を煽る寝心地じゃなかったです。全部の病院がこれになったら良いのに!そして、青のベットは一個だけなので寝てみたかったので嬉しかったよね(๑╹ω╹๑ )

 

そして紅茶とお菓子が・・・ここ。病院だよね?そして気持ちいいからまだ寝ていたい・・・が、昨夜21時から何も食べていない為、ありがたくいただきました。このクルクルしたやつ、凄く好きなのだけれど、ローカーボ生活していると食べないやつだったので嬉しかったです。紅茶の温度もちょうどいいし、すごいや。。。(毎回あるサービスなのかはわからないですあしからず)

で、終わって再び診療室で説明を受けるのですが・・・残念ながらここでの記憶がほぼない私・・・ひろみさん曰く魂飛んでたよ・・・との事でした。いや、確かに説明は受けて断片的には覚えているのだよね。ひろみさんシャキシャキ答えててすごいなーとか、福島先生はやっぱりちゃんとしたお医者さんだすごいなーとか・・・

 

とりあえず胃は綺麗だけど、弱ってる的な・・・おうふ・・・

 

ちゃんとしたアレコレの診断は後日郵送してくださるそうでありがたいです。

 

麻酔のおかげで短時間だけどがっつり寝れたからか気分が良く、前にやったときの胃カメラ後の喉の痛みだとか、不快感はゼロでした。クリニックから駅に行く間二人でよかったーよかったーを連呼する私たち。うん、これは自信を持って人にオススメできるやつだ。。

 

ひろみさんも言っていたけれど、辛いのは当たり前だとか叱られる事多いもんね、お医者さんて・・・こっちが本気でむせているのに笑われたりさ・・・血管がみつからないって逆ギレされ出したりさ・・・こんなに患者さんに気を使ってというか人間的扱いをしてくれるクリニックって中々ないし、素晴らしいと思う。胃カメラでトラウマがある方には是非行って欲しいです。福島先生の苦しい検査で辛い思いをする人を減らし、病気を早期発見して一人でも多くの患者さんを救いたいという志と他にはない最新技術で辛くなく安心して検査に臨むことができますよ。

 

 

そしてなんといっても今回勉強になったのは大腸の内視鏡はやったほうがいいやつという事。胃カメラは異常がなければ頻繁にやらなくても大丈夫(胃カメラ毎年勧めるお医者さんは気をつけた方がいいそう)だけど、大腸のポリープはとにかく早期発見が大切との事でした。ああーーー考えたくなくて放置していたやつダァああああああ。

 

 

とか思っているうちにひろみさんはちゃっかり大腸検査用のごはんセットを購入していました。

 

 

これは、、、行くな笑

 

 

 

 

 

hidemi

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください