カフェパリフランス旅行

【フランス】パリのカフェ文化

パリを歩いていると角という角にカフェがあり、wi-fiも使えるし、外に席もあるしでついつい寄ってしまいます。↓これはパレ・ド・ジュスティス(最高裁判所)の目の前のカフェ。

それぞれのカフェが個性的で面白いし、昼から当たり前に飲んでいる老夫婦とかカップルとかを眺めたり、道行く人を眺めたり、それだけで幸せ。誰も私を知らないし、気にしない。いろんな人種がいるのが当たり前なこの感じが今はありがたいのです。

↓こちらは名前すら覚えていない散策中に発見しエて疲れきっていたので寄ったカフェ。

ピーチティーにたっぷりのミントの葉、帰ってやってみたいけどこんな立派なミントの葉は中々ないよね。育てるしかないかなぁ。ミントは根が大変なことになるというからプランターで育てるしかないかなとか考えながらのんびりしてみる。人生の事とか考えてみる。

スタバもマックカフェもあってプランタンの近くの地下にあるスタバでのんびりしていたら鳩さんが一緒にいてくれた。かわいい。右のカフェは色使いが可愛くて撮ってしまった。

 

これはホテルから一番ちかいカフェレストラン。カフェリチャード。オリジナルのクッキーとかチョコとか作っているお店が多かったです。

店内それぞれ個性的でカフェ楽しいよカフェ。

雨宿りでも、疲れたときでもちょっと寂しいときでも身近にあるパリのカフェ文化が大好きでした。

 

hidemi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください